Sunday, June 17, 2018

KAITEKI終えて!!!!

6/16日@渋谷SHIFTYで行われたKAITEKIでライブを
やった。

またCD三枚を使って所々フェーダーをカットして、
言葉だけになる部分を作ったりしてやった。

最近ロングライブ以外はこのスタイルでソロで
ライブをやっているのだがやっていてキメポイントを
自分で作れるのが楽しい!!!!
メロとメロの間の間奏でラップの小技を披露するとか
色々実験も今後していき磨きをかけて行こうって
思う。あくまで自然と回数をこなせばついてくるもの
あると思う。

で三曲目はASAフリーの未遂の進行を
「DJ KRUSH直系音の魔術師ASAビーツ!!!!!」
とクレジットガンガン前に出してからぶちかました。
完璧にやり抜けたと思う。

終わってからDJの方々とコミュニケーションを取った。
音楽話になって楽しかった。アロハロコカフェの
オーナーのおうがさんとも色々話した。とても
ファンキーで明るいエネルギーをいただけた。

さてさて楽しくなりまくってるぞ!!!!!
このまま進行して行くぜ!!チェキ!!!!

Monday, June 11, 2018

東京イベント二本終えて!!!!

まず6月9日新宿ALで行われたHIRAMEKIの
ANNIVERSARYでライブをやった。

今回は出演者が多く熱いライブを沢山見た後で
気持ちがのりまくっていた。

asaさんのフリートラックで制作した
「未遂の進行」を三曲目に持っていく感じで
出し切れたと思う。パフォーマンスガンガン
前に押し出せた。

次の日に自分の主催のイベントがある為、
フライヤーをその後は配って色々な方と
コミュニケーションを取った。

その時三曲目の曲が良かったって言って
くれた方がいたのが本気で嬉しかった。

オープンマイクは軽くビールを流し込み
ながらベースとパッドの良いグルーヴの中
良いコミュニケーションがラップで取れた。
最高だった。

その後次の日のUNDER CROSS OVERの出演者の
ゆき風と行動を共にした。

いつも俺はこういう場合は漫画喫茶に泊まって
いるのだが、ゆき風がオススメの泊まる場所を
教えてくれて、変なビデオが見れるお店に泊まる
事になった。だから周囲には変な広告が沢山貼って
あった。ただそれを気にしなければ安いし快適に
眠れる場所だった。次の日自分の主催イベントが
あってそっちに流れるのは雑魚だと思った(笑)
よく眠れて次の日の体調が凄い良かった。
変な方向に行かなければ良いと思った。

そして6月10日いよいよ自分の主催イベントの
UNDER CROSS OVERが西荻窪のALOHA LOCO CAFEで
始まった。出演者のカラーがABSTRACTな感じで
ムードが出来上がっていた。そっちのカラーの時に
ギャラリーから「変態だ~変態!!!」みたいな
声が上がっていて気持ちが込みあがりまくった。
全体的にムードあったな!!!
途中浮いた感じのPOPなカラーが入るのも上手く
馴染んでいた。

で俺のライブはと言うと気持ちが最高にのりまくり
ノーミスで30分間歌い上げた。
終わってから「面白かった!!!」そう
言ってくれた方がいたのが嬉しかった。
まだまだ生のエンターテインメントに
磨きをかけて行こうと思う。

そしてGUESTのasaさんとのセッションもやった
のだがasaさんがいきなりトラックを早いピッチで
流して早口で未遂の進行をぶちかました。
こちらもノーミスで出来た。さすがプロ!!!
俺のポテンシャルを最大限生かし切ってくれた感じだ。
そうその前に俺のライブ見てるからね。
早口が得意なのを意図してやってくれたのだと
思った。

少しだけどお客さんを呼べたのも嬉しかった。
ポジティブに伝えて行くだけだと思った。
まだまだ満足はしてないけどね。

成功して神が見えた時ほど失敗した時を思い出し
また振り出しに戻ろう!!!!!!!
フリースタイルでも何度でも伝えているが
自分との闘いだなこれは!!!!!
最高に楽しいぜ!!!!!!!!!
そして続けるぜチェキ!!!!!!!!!

Monday, May 21, 2018

UNFINISHED ROOM VOL.10終えて

5月20日@ALOHA LOCO CAFEで行われた
UNFINISHED ROOM VOL.10でライブをやった。

30分間のライブだったのだが一曲歌詞が飛んで
しまい別の曲のフレーズに差し替えたり、
フリースタイルを混ぜながらの部分が
出来てしまった。

毎回ブログの更新で言っているがほんと
これで満足したら駄目なんだ。それが
楽しいところなんだなきっと!!!!

この壁を越えるときっとヤバイ自我が
手に入るって思っている。

同時にメッセージを伝える事はほんとに
遣り甲斐がある。その為にライブを
やっているんだとつくづく思う。

2時間ぐらいかな???ハードウェアの
機材を並べた倍音って方々とそれから
フリースタイルやってた。
言いつくしたと思う。ってか
それが尽くしてない事だとも思う。
楽しかったってだけじゃ駄目!!!
とことん自分を煮詰める方向だ。

そう話は変わるが今度自分で企画を
やらせていただく事になった。
もともとアブストラクトとかエレクトロニカ、
ダブとか深かったりムードのヤバイ
一般受けしないアンダーグラウンドな
色の音楽が好きで自然と形になった。
ポジティブな感情と足を運んでいた運も
味方してくれたのだと思う。
後はアニソンとかポップ性の強い
音楽ともクロスオーバーして
行けたらぶちあがるって思う。
その辺も最近の音楽活動から自然と
構築された。うん自然が一番!!

だからこれからほんと充実した生活が
始まるのだと思う。手を抜く気なんか
無い。自己満足でやる気も無い。
空間、音、調和色々見えたらと思う。
成長して行けたらと思う。

こちらがその内容

最大限出し尽くし最善を尽くす!!!
カフェなのでお食事お酒そして音楽を味わいに
是非是非遊びに来てくれ!!!!!!

Saturday, May 05, 2018

UNFINISHED ROOM VOL.9終えて

5月4日ALOHA LOCO CAFEで行われた
UNFINISHED ROOM VOL.9でライブをやった。

途中で歌詞が飛んでしまいその分をフリースタイルと
パフォーマンス、そしてシャウトで魂でかました。
いつも以上にカオスな感じになってしまった。

はっきり言って駄目なライブだった。
でも可能性は失っていない。
何度こけても続ける事が大切な事である。

未完成なものを完成に近づけるのは
遣り甲斐がある。

歌詞が飛んだ瞬間出てくる言葉にも
希望を感じるしね。

でもライブで得るものはほんとでかい。
本質的自分がそこに居るからだ。

勿論生きているからな。
ガンガンやって乗り越えようと思う!!!!!

Sunday, April 22, 2018

KAITEKI終えて!!

4月21日@渋谷SHIFTYで行われたKAITEKIで
ライブをやった。

CD三枚使ってフェーダーカットも上手く行き
キメポイントの部分のラップを無音で際立てる
事が出来た。そして全て完璧に歌い上げる事が
出来た。

ライブが終わってから色々な方々と
コミュニケーションを取りながら色々な
事を得る事が出来た。

俺は全然結果なんか出してないし、たいしたこと
は無い。ただ表現者として自分を表現する事に
関して気持ちを最大限入れて行く必要があるって
思っていてそこに遣り甲斐を感じていて、
それが俺の本質です。

全体が熱すぎるイベントからは色々と得るものが
多い。ここは今の俺の大切なライブ場所の一つだ。

ガチで続けるぜ!!!!!!!!!!!!!!!!

Sunday, April 15, 2018

HIRAMEKI vol.120終えて

4月14日新宿ALで行われたHIRAMEKI vol.120でライブをやった。
一番最初の血の涙の歌詞が飛んでしまいフリースタイル混じりに
なってしまった。

だからその分メッセージを伝えまくった。本質をね。
後悔無い。むしろ失敗があるから前に進めるって思っている。

完全目指しているのは変わらないから、

でもほんと良いイベントだ。みんな全力でやり合っていて
様々すぎる表現が競い合いで成り立っている。

今回は俺の負けだな。毎月第二土曜日だから次リベンジする。
出させて続けさせていただいている事に感謝!!!!!!

Monday, March 26, 2018

Jar-BeatRecordのasaさんのフリートラックで作品を作った。

Jar-BeatRecordのasaさんが

5つのフリートラックを
https://soundcloud.com/asa_jar-beatrecord にUPしました。
気に入ったトラックが有れば
ラップ、歌、ポエトリー、スクラッチ等々
に使って下さい。

というツイートをしているのを発見し、
日本のABSTRACTが好きな自分としては、
昔から知っているアーティストで
クオリティーが高い事が分かっていたので
気持ちが高ぶりまくり仕事から帰り
夜リリック書いて、次の日も仕事から帰り
すぐレコーディングし、そのまま
動画編集ソフトで字幕を仕上げ二日で
作品を完成させてYouTubeにアップした。

テーマは全裸で自分をさらけ出す事だった。
UNDERGROUNDって音楽は日常に嫌われるものを
表現で美化出来るジャンルで遣り甲斐あった。
俺にしか出来ない作品になったと思う。

asaさんに関しては最近はサウンドクラウドを
自分は聴いているのだが、濃いトリップホップで
中毒性が高い事をいまだに継続して発信を続けている
事と今回そんな発信をフリーという形で
アーティストに気軽に提供するという音楽の
姿勢にかなりやられたと同時に感謝しています。

だって207 a.k.a 号室の病人が
asa(Jar-BeatRecord)
このクレジットで作品を作って発信が出来たんだ。
だからインスタントだけどぬるい作品ではない。
むしろ考えて書く言いたいことないリリックより
リアルだしね。

是非聴いて見てくれ!!!!!!!!!!!