Sunday, February 27, 2011

CCMC2011

2月27日NUANCE第十一回目に出演していただく予定の
さとうあじゃこのLIVEを味わいに、
東京日仏学院エスパス・イマージュで行われたCCMC2011という
イベントに足を運びました。

まず中に入ってみるとまるで映画館みたいに段差で客席があり、
そこに座ってゆっくりと音楽を鑑賞するというリスニングな
イベントだった事にびっくりしました。
コンサートが始まると照明が真っ暗になって色々な作品に
集中する事が出来るのだ。取り囲まれた多数のスピーカーから
音が出る多次元立体音響装置(アクースモニウム)は凄かった。
移動する音像という音像が見えるのだ。
音の世界に心酔するような心地よさがそこにあった。

そして色々な作品を味わっていたらついに
さとうあじゃこ(左藤 亜矢子)のLIVEが始まった。
京都・妙心寺の庭園で録音した音響によって構築された
「えげん」という作品で、水の音が様々な角度から空間に響き渡る!!
素材が加工されていて硬質でクオリティーが高い!!
色々な素材を多様に使いまわす感じがリズミカルで良かった。
水の音ってこんな力強いのかって思いました。

それから下の階に降りて、さとうあじゃことそこで
コミュニケーションを取る事が出来た。
コンサートのシュミレーションの紙を見せていただいて、
それぞれ音の素材の配置など細かく書かれていてとても
繊細だなと感じました。何より音楽に対しての情熱が熱かった!!
そしてIsoLationというARTIST名で活動をされている
友達を紹介していただきました。初対面だったけどそれぞれの
活動や音楽について短い時間だったけど熱く語れて楽しかった。

ミュージックコンクレート、電子音楽の奥深さを皮膚感覚で
味わう事が出来た。明日から街の中を歩いたら間違い無く
足音や電車の音がビートに聴こえてくるだろう(笑)

2 Comments:

Blogger IsoLation said...

こんばんは!IsoLationの宮下です。CCMC良かったですね!今度は僕も作品出してみようかなぁ、と思ったり。。またお会いしましょう!

8:19 AM  
Blogger NUANCE said...

IsoLationへ
ほんとレベル高かったですね~
ちなみに音源聴きましたよ!!
シンセが気持ちよく鳴っていて、好きな感じでした。またどこかで絡みましょう!!

3:25 AM  

Post a Comment

<< Home